【ICT同好会akochan.net】3月休業中の復習課題(頭の整理)

flower

コロナ対策の耐乏生活の中ですが、お天気いい日は外が気持ちいい昨今です。春の日ざしを思う存分満喫できる世の中になってほしいですね?

日頃の同好会活動より気づいたことを整理してみました。

通信業者とサーバー、プロバイダー、インターネットの関係は?

「格安スマホは通信回線を大手3社のものを利用しているので早さは同じ?」という話をよく聞きました。この場合の大手3社とは通信業者のau, docomo, softbankです。

サーバーとは、インターネットへ情報を発信するためのスペースをさします。また、プロバイダーというのはユーザーとインターネットを接続する通信業者をさします。通信業者とは上記の3社のほかにも、ADSLやひかりファイバー、ケーブルテレビなど、ユーザーがインターネットを利用する時に利用する回線を提供します。

 また、プロバイダーの中にはインターネット接続以外に、ホームページを開設するサーバーや、メールサーバーなどのサービスも提供している業者もあります。

 

サーバーってなに?

 

サーバー(server)とは、ホームページを表示するために必要となる情報を格納しておく場所のことです。

サーバーから情報を受け取る側をクライアント(client)と呼び、サーバーはクライアントからのリクエストに応じて、保管しておいたファイル(HTMLファイル・画像ファイル・音楽ファイル・映像ファイルなど)を提供します。そのデータによって、指定されたホームページがブラウザに表示されるのです。

 

ただしサーバーには、WEBサーバーやファイルサーバー、メールサーバー、DNSサーバー、FTPサーバーなど多数の用途があります。

 

また、広い意味でのサーバーとは、サーバー用のコンピューター機器(ハードウェア)を意味する場合もあります。

 

★ 英語のserverの意味としては、

サービスを提供(serve)する側の人を指す言葉なので、何かを提供する物のことをサーバーと呼びます。

パソコンとサーバー、どちらもCPU、メモリ、HDDなどから構成されています。どちらも同じで大差なく、スペックの差はありますがパソコンをサーバーとして利用することも可能です。

サーバーには、2種類あります。

★1要求(リクエスト)に応じて、なんらかのデータを提供するための仕組みのことで、Webサーバーやメールサーバーが該当します。

★2もう一つは、上記のようなサーバーを含むハードウェア全体を指し、レンタルサーバーや専用サーバー、VPSなどがそれにあたります。

インターネットは、プロバイダー( 通信事業者)のサービスを利用し、世界中のコンピュータ同士を接続した、最も大きいネットワークです。

ネットワーク上で、情報を他のコンピュータに提供するコンピュータをサーバーと呼びます。

サーバーから提供された情報やサービスを利用するコンピュータをクライアントと呼びます。

つまり、私たち日常使っているパソコンやスマホなどはクライアントにあたります。

インターネット上には、メールサーバーやwebサーバーが多数設置されていて、クライアントからの要求にしたがって情報を発信することで、電子メールを送信したりwebブラウザでホームページを見ることができます。


参考までに

当ブログはFC2 のサービスを利用しています。
同好会ホームページはGMOのレンタルサーバーを利用して発信しています。



コメント

非公開コメント

プロフィール

akochan

日頃の活動から旅行やお食事など、、
好きなこと徒然なるままに書いています。

ICT同好会akochan.net 管理人

最新情報