(IT同好会)次回課題 Googleが推奨する安全なサイト、SSLの意味

SSL安全なサイト 
昨今のwebページを見るときに上記URLの「鍵マーク」と、「https」がどのような意味があるのかということを注意して見ていますか?

『HTTPS』とは「HyperText Transfer Protocol Secure」の略称で、インターネット上のHTTP (HyperText Transfer Protocol)通信が、SSLによって暗号化されたプロトコルのことです。
SSLによって通信データは保護され、第三者が盗み見しようとしてもデータの内容を解読することができません。
アクセスしたウェブサイトでSSLが導入されている場合は、ウェブサイトから送信されるデータは暗号化されることが保証されているため、URLの先頭は『https://』となり、ブラウザに『鍵マーク』が表示されます。

一方、SSLが導入されていないウェブサイトからは、HTTP通信でデータの送受信が行われますが、ウェブサイトから送信されたデータが平文のままのため、盗聴や改ざんを防げません。
この場合、アクセスしたウェブサイトのURLの先頭は『http://』となり、鍵マークは表示されません。

なので、https や🔒マークを表示しているサイトではクレジットカード情報などの個人情報を送信しても情報が暗号化されて送られるので安心ということになります。
また、検索エンジンのGoogleが「安全なサイト」を推奨しているので、そういう安全なwebサイトはGoogleの検索からも出やすくなります。 

私が作成・管理中のサイトは複数ありますが、ショップを含めてすべてのサイトがこのSSLを導入した安全なサイトに該当します。
もちろん、「みんなのIT同好会akochan.net」も安全なサイトの一つです。


コメント

非公開コメント

プロフィール

akochan

日々の生活から旅行やグルメなど好きなこと徒然なるままに書いています。

みんなのIT同好会 管理人

最新情報